プロゴルファーの森田遥選手がツアー初優勝をはたしました。

優勝したカップは、北海道の札幌国際カントリークラブ島松コースで行われた「北海道meijiカップ」

 

森田遥選手は生まれは日本のものの、現在の国籍が中国でLPGAの正会員には国籍の提出が必要です。

森田遥選手と今後の国籍について詳しくまとめてみました。

スポンサーリンク

森田遥選手のプロフィール

本名      森田遥

読み      もりたはるか

生年月日    1996年7月19日

出身地     香川県高松市

身長      164cm

所属      フリー

 

森田遥選手は、父親の影響で9歳からゴルフを始めました。

但し、両親は卓球のコーチをしており、家族で日本に在住しています。

また、生まれも日本の香川県ですが、親の国籍の関係上「中国籍」となっています。

 

そして今回

北海道の札幌国際カントリークラブ島松コースで行われた「北海道meijiカップ」でツアー初優勝

をはたしました!

 

おめでとうございます!!!!!!!!!!

森田遥選手の経歴

1987年 父親とゴルフの練習場に行き、ゴルフを始める。

2013年 日本女子アマチュアゴルフ選手権競技優勝。

2015年 シメトラクラシックにてプロ初優勝。

2016年 ANAとスポンサー契約を結ぶ。

2017年 北海道meijiカップでツアー初優勝。←new!

スポンサーリンク

森田遥選手の今後の国籍はどうする?

国籍というのは、両親が中国籍だった場合は自動的に子供も中国籍となります。

もし両親の内、片方が日本国籍だった場合日本国籍となります。

森田遥選手の場合、森田遥選手は両親が中国籍なので本人も中国籍ということですね。

 

北海道meijiカップの優勝でLPGAの正会員になるには、国籍の提出が必要なようですが

今回は中国籍で提出する。ということでした。

 

また、森田遥選手の今後の国籍について、こう語りました。

「帰化申請(国籍を変える手続き)は、かなり大変で今はまだ勉強中。

今後は両親や周りの意見を聞いて国籍について考えたいけど、今はゴルフに集中したい。」

としばらくは国籍を変えない方向で考えていることを話しました。

 

国籍を変えるのは、かなり大変みたいですね!

それでゴルフに集中できなくなってしまうのでしたら、国籍は二の次にして

急ぎでもないのでゆっくりと帰化申請について勉強してもらいたいと思います。

まとめ

森田遥選手、今後は「2020年の東京オリンピックの代表として選ばれること」が目標みたいです。

まだまだ年齡も若く、今回のような素晴らしい結果が出せればきっと選ばれますよね!

 

帰化申請に関しても、変えなきゃいけないこともないですし、ゆっくり考えてもらいたいです。

今後は、今回の優勝を自信にしてさらに結果を出していってもらいたいと思います!

この度は本当におめでとうございます!!!!!!!

スポンサーリンク