童謡でおなじみの『アイアイ』

誰もが子供の頃に一度は歌ったことがあるのではないでしょうか。

 

しかし歌った人は多くても、実際にアイアイの姿を知っている人は極わずか。

そんな姿形の分からないアイアイについて見ていきましょう。

スポンサーリンク

童謡『アイアイ』とは

 

童謡アイアイは、1962年に世間に公表されるようになりました。

作詞者・・・相田裕美さん

作曲者・・・宇野誠一郎さん

 

アイアイとは、マダガスカルに生息する原猿アイアイのことです。

 

アイアイが作られたのは、作詞者の相田さんが、可愛い動物の歌をつくってくれと言われた際、

名前の響きが可愛いからと決めたのだそう。

 

アイアイの見た目を知らなかったらしいです・・・。

アイアイってどんな姿?

アイアイは、マダガスカルでは「悪魔の使い」と言われています。

 

そんなアイアイの姿がこちらです。

 

 

アイアイですが、「見た目がまるで悪魔みたいだ!」と言われています。

可哀想ですが、「悪魔の使い」と言われている意味が分かる気がしますね・・。

スポンサーリンク

アイアイの特徴

アイアイは、夜行性の生き物で単独行動を好みます。

また見た目は大きな耳に長い尻尾、そして長い指が特徴で、別名「ユビザル」とも言われます。

 

また、アイアイの門歯は一生涯伸び続け、ネズミよりも印象的な歯が出来上がります。

食べ物は、種子、幼虫、キノコを主に食します。

 

童謡の印象とはかなり違う気がします。

特徴的な指や歯や尻尾など、細長い部分が多く、特異な姿をしていますね。

まとめ

相田さんのおかげで、日本では陽気な印象のもたれるアイアイですが、

現地のマダガスカルでは不気味で不吉な動物だと恐れられているのです。

 

私はマダガスカルへ行く機会はほとんどないかもしれませんが、

もしあなたが、マダガスカルへ行った際には覚悟を持って見る必要があるかもしれませんね。

スポンサーリンク