飛蚊症(ひぶんしょう)・・・目の前に蚊のような虫がふわふわと見える病気の名前です。

蚊や虫だけでなく、糸くずのようなものも飛んでいるように見える病気です。

 

飛蚊症は、治療が必要なものと不要なものに分かれています。

そんな飛蚊症について見ていきましょう。

スポンサーリンク

飛蚊症の症状

明るい所、白い壁、空などを見たときに虫だったり糸くずだったりが飛んで見えるのが

飛蚊症の症状です。

 

視線を動かしたり、瞬きをすると見えるため、身体にはストレスが溜まってしまいます。

但し、暗いところでは気になりません。

 

こちらが飛蚊症の症状です。

飛蚊症の原因

眼には、硝子体(しょうしたい)という部分があります。

この部分が加齢によってシワができてしまうと飛蚊症の原因となります。

 

また、硝子体は元々はゲル状なのですが、これも加齢によって

液体状になってしまい網膜に陰が映り、飛蚊症の原因となってしまうのです。

 

この加齢による飛蚊症は時間が経てば気にならなくなっていきます。

しかし、物が歪んで見えたり視野が欠けたりした場合は、飛蚊症から悪化してしまう可能性が

あるので病院に診断してもらう必要があります。

スポンサーリンク

飛蚊症の治療法

飛蚊症の治療法として、病院でのレーザー治療があります。

物が歪んで見えたり、視野が欠けたりした場合は飛蚊症からくる別の病気の可能性も

ありますので、まずは病院で診断してもらってください。

 

また、加齢による飛蚊症の場合は、食べ物やサプリメントで栄養を取って自然回復したケースも

報告されています。

 

その際には、眼に良い栄養のビタミンAを摂取する必要があります。

ビタミンAは、『ニンジン、ほうれん草、カボチャ』に多く含まれています。

 

しかし、ビタミンAの過剰摂取は身体に負担をかけてしまうので控えるようにしましょう。

まとめ

飛蚊症はよく起こり得る病気ではありますが、その症状から治療が必要なのか不要なのかが

変わってきます。

 

もし飛蚊症の疑いがあり、迷っている方がいたら病院へ行って診断してもらうことをオススメします。

何事も早期発見・早期治療が、健康な体になる不可欠な方法なのです。

スポンサーリンク