子育て中の方は必見の本、「おやすみロジャー」

この本は、子供がぐっすり寝てしまうという本として注目を浴びています。

 

子供を寝かしつけるのに一苦労している方は、そんな魔法の本があったら便利ですよね。

今回は、そんな魔法の本の「おやすみロジャー」について見ていきましょう。

スポンサーリンク

おやすみロジャーについて

ジャンル 絵本
著者 カール=ヨハン・エリーン
出版社 飛鳥新社
価格 1400円(税込み)
ページ数 32ページ
公式HP おやすみロジャー公式HP

85万部を達成し、2016年 年間ベストセラー総合ランキング2位に輝いた

子供を寝かせつけるための絵本です。

 

「たった10分で子供が眠った。」と好評で、数多くのメディアに特集されました。

タレントの木下優樹菜さんも大絶賛のようです。

 

また、実際にもネット上で口コミが多数あり、ちゃんとした実績もありました。

 

何故、こんなに売れているのか

この本の著者であるカール=ヨハン・エリーンさんは、イギリス在住の心理学者です。

心理学から「何故子供は寝たくないのか」を徹底解析した結果、この本が作られたそうです。

 

また、読み手の親御さんにも協力してもらう必要があるだとか。

「この部分であくびをする。」

「この部分を強調して読む。」

など、細かな指示があり、それを元に読み進めていきます。

 

さらに、この本が話題となったのは、実際に使ってみた子育て中の親御さんからの口コミであり、

それが広まり話題になったため、実際の効果も期待されています。

 

おやすみロジャーの内容

眠れないうさぎのロジャーとロジャーのお母さんが一緒に、

眠れるようにしてくれる親切なあくびおじさんのところへ行く、というお話です。

あくびおじさんの所へ向かう途中に、色んな生き物と出会っていきます。

 

ロジャーはあくびおじさんに出会うことができるのか。

そして、お母さんと無事家に着くことができるのでしょうか。

 

とこういった内容になっています。

 

この本は先程も記載したように、読み手が強弱をつけたり、あくびをしたりすることで

この本をより効果的にすることができるのです。

まとめ

子育てで大変なものの中の1つが寝かせつけです。

それが、本1冊で楽にできたら嬉しいですよね。

 

口コミでは、「まるで催眠術みたい。」「読み手も眠くなっちゃう。」など

効果が実感できている方が多くいます。

 

絵はとても独特ですが、子供のための絵本の1冊として持っておくのも良いかもしれませんね。

スポンサーリンク