アナウンサーとして、活躍することが出来る人物は限られておりテレビに出演できるのはほんの一握りであることをご存知でしょうか。

実は、テレビに出演されているアナウンサーの裏にはテレビの裏方として仕事をする人もいるのです。

そんな、厳しいテレビ業界のアナウンサーとして活躍されている吉澤一彦さんという人物をご存知でしょうか。

彼は、古くからテレビ業界のアナウンサーとして活躍されており現在でも現役で活躍されている人物なのです。

ここからは、さっそく吉澤一彦さんとう人物がどのように活躍されてきたのかを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

吉澤一彦さんのプロフィール


引用元:https://middle-edge.jp/articles/OorwO

吉澤一彦さんは、北海道で産まれ3歳まで過ごしましたがその後は東京で暮らしていました。

その後は、慶應義塾大学法学部法律学科を卒業しテレビ朝日のアナウンサーとして入社しました。

また、同期のアナウンサーには古舘伊知郎などがおり皆現在でもフリーアナウンサーとして活躍されている方々ばかりです。

そして、吉澤一彦さんが入社した年は後のモスクワオリンピックを見越してたくさんのアナウンサーを募集した年でもあったのです。

この、モスクワオリンピックはテレビ朝日が独占放送権を取得していたため多くの人材が必要であったためであります。

こうしたことからも、非常にライバルが多い年にテレビ朝日に入社しプレッシャーもおおきかったのではないでしょうか。

しかし、アナウンサーとしてテレビ朝日が吉澤一彦さんの活躍を期待されていたということも同時にわかることだと言えます。

吉澤一彦さんの経歴

テレビ朝日を入試した後は、おはようテレビ朝日を担当することとなりました。

それまでは、スポーツやナレーションの仕事が多かったのですが朝の番組を務めたのはこれが初めてであったのです。

その後は、やじうまワイドやスーパーJチャンネルなどの情報番組に欠かさず出演し30年近くをテレビ朝日で過ごされました。

また、インターネット上ではその活躍ぶりからキングカズと呼ばれるようになり長年アナウンサーとして君臨してきたことを伺わせるエピソードでもあります。

これは、アナウンサー界ではレジェンドであったことが分かりますし彼がどれだけテレビに貢献してきたのかという表れではないでしょうか。

また、私生活ではやじうま新聞で一緒に司会を務めた廣瀬雅子と結婚しております。

二人の間には、子供がおりテレビ業界だけではなく私生活においても非常に良い父親であることが分かります。

スポンサーリンク

吉澤一彦さんの現在

吉澤一彦さんは、2015年に60歳となりテレビ朝日を定年退職しました。

現在では、フリーアナウンサーとして活躍されている一方吉澤一彦さんの新・『やじうま』日記という名のブログを開設しています。

こちらの、ブログでは近況が報告されており彼がどのように活躍されているのかが分かります。

また、入社当時9名いたテレビ朝日のアナウンサーは皆退職しておりそれぞれに違う道で活躍されています。

そして、フリーアナウンサーでありながらも拓殖大学客員教授なども務めておりその才能は多方面でも開花されていることがわかります。

他にも、クレヨンしんちゃんの映画の中で声優として活躍されていたり話しべたでもTVキャスターやじうまアナがつかんだ”自分の持ち味”の生かし方という本を出版したりもしているのです。

このように、ここまで長く活躍することができるアナウンサーも珍しく非常にたくさんの人脈に支えられていることが伺えます。

ブログでは、最近のニュースに対して独自の考え方を記載され常にアナウンサーという職務と向き合っていることがわかります。

これからも、吉澤一彦さんらしくブログの中で自分を発信し多方面においても活躍していただきたいと感じました。

スポンサーリンク