現在、日本では数多くの大学が存在する国となっており実際は定員数に満たない大学も多くあるのが実態です。

しかし、そんな大学事情において日本で3年連続志願者数が日本一に輝いている大学があるのです。

それが、九州にある近畿大学であり毎年12万人という人が出願する大学でもあります。

その中でも、多くの出願者を引き付けるようさまざまな工夫を作り出している人物として近畿大学広報室室長である加藤公代さんがいます。

こちらの、加藤公代さんとはどのような人物なのかどのように近畿大学に貢献しているのかを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

加藤公代さんのwikiプロフィール


引用元:https://kindaipicks.com/article/001628

加藤公代さんは、現在46歳である女性で2014年から部下12人を従えてどのようにしたら近畿大学にたくさんの学生が受験をするかを企画・構成してきた人物であります。

そのアイデアから、10年前に比べ出願者を倍増させており今まですべての取材に対応してきた人物であります。

また、普段から言いたいことは我慢することなく言うことをモットーとしておりストレスがたまらない性格であるそうです。

一見すると、自分勝手でワンマンなイメージがありますがやはり近畿大学をここまで上り詰めた人物には違いがあります。

その中の一つが、部下への心配りは忘れることなく一人一人の家族構成や趣味を把握してお土産などを配ったりする素敵な女性であることです。

こういったことが、近畿大学を世の中に広められるステータスとなっているのではないでしょうか。

加藤公代さんの経歴

加藤公代さんは、2014年から部下12人を従えてどのようにしたら近畿大学にたくさんの学生が受験するかを企画・構成してきた人物です。

そのアイデアから、10年前に比べ出願者を倍増させており今まですべての取材に対応してきた人物でもあります。

中でも、完全養殖を初めて実現することに成功した近代マグロやド派手な入学式は加藤公代さんも加わったアイデアです。

これらには、地道な戦略や近畿大学をいかに世の中にアピールするかを考えた長年の努力があります。

また、日経ビジネスの中で近畿大学を記事にするなど今までにはない斬新なアイデアで2万部という部数を売り上げ近畿大学を宣伝することに成功してきたのです。

ここまで、近畿大学を世に広めることができたのも加藤公代さんの経歴とイコールしているのではないでしょうか。

近畿大学のTwitterでも発言力の高いことを伝えてくれています。

加藤公代さんが言う便利な世の中でも紙媒体の重要性

現代社会は、スマホやインターネットの普及から便利なアイテムが勉強へと取り入れられています。

しかし、便利であるが故頭に入らずやはり紙に書いたり印をつけることの重要性が浮き彫りになっているのです。

現実に、紙媒体を重要だと考えている高校の中にはスマホなどの持ち込みを禁止している高校もあるくらいです

そのような中で、加藤公代さんは高校生の志願者が紙媒体を持ち帰ることで親と一緒に近畿大学の魅力やキャンパスの様子を一緒に見ることが大切だと言っています。

そうすることで、ひとつの宣伝になりますし手元に保管することで記憶から消えず場所を選ぶことなく何度も繰り返し見ることができる媒体になるのです。

しかし、それだけではなくもちろんインターネット動画配信なども行っており堀江貴文の祝辞動画は80万回を超えております。

ですが、やはりここまで近畿大学が成長することができたのは紙媒体のおかげであると加藤公代さんは公言しています。

これからは、取材などを行う際には便利な記事コンテンツ利用サービスも検討したいと考えているそうです。

こうしたことからも、便利なものに頼るだけではなくあらゆる面から近畿大学が多くの人に広まるかを常に考えている女性こそが加藤公代さんという人物なのではないでしょうか。

スポンサーリンク