今や、誰でも知っている人物になったマツコ・デラックスですがそのするどい切り口からたくさんの番組に出演をしてます。

中でも、マツコの知らない世界は数多くのマニアが登場しマツコ・デラックスと一緒にその世界を紹介してくれる番組です。

その、登場人物の一人であるクローネマキコという人物をご存知でしょうか。

クローネマキコは舞踏会の虜になってしまった女性であり、その独特な感性からマツコの知らない世界で舞踏会の世界を紹介している人物であるのです。

さて、クローネマキコとはどのような人生を歩みどのような女性なのでしょうか。

ここからは、クローネマキコという人物を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

クローネマキコのプロフィール


引用元:http://www.kleine-krone.com/about/index.html

クローネマキコは、出身地が東京都であり現在も東京都に居住地を構えています。

年齢は、非公開となっていますが見た目では50代のような感じの女性です。

現在は、舞踏会の魅力に取りつかれ日本・オーストラリア文化交流会『クライネ・クローネ』代表を務めるまでの人物になりました。

こちらの、クライネ・クローネという交流会はウィーンの舞踏会をはじめオーストラリアやウィーンの文化を紹介し異文化同士が交流を深めイベントなどを通じてお互いに楽しむという交流会になっています。

Twitterではこんな舞踏会がありました。

豪華そうですよね。(笑)

舞踏会について

舞踏会といえば、仮面舞踏会やダンスなどを連想する人は少なくありません。

舞踏会は、ヨーロッパなどの西洋で始められたダンスパーティーのことであり社交やコミュニケーションを楽しむ場として広まりました。

それが、現在では世界中で行われており特にウィーンやモナコなどで開催されているものは多くの人々が魅了されています。

また、舞踏会は選ばれた人しか参加することができない場であり招待やチケットを持っていなければ参加することはできません。

しかも、その舞踏会に合わせた服装やコーディネートが必要であるため選ばれた人しか参加することができない特別なイベントでもあるのです。

しかし、舞踏会へ興味があれば事前に手配することでダンスは踊れなくても楽しむことができるイベントでもあります。

もし、全くの初心者で少しでも舞踏会に慣れておきたいという方がいればエスコートが学ぶことができるスクールなどもありますのでそこで学んでおくと安心だと言えるでしょう。

スポンサーリンク

クローネマキコの経歴や生い立ちについて

クローネマキコは、小さな少女の頃からヨーロッパ宮殿や舞踏会に強く関心を抱いていました。

母親と一緒に見た、シンデレラやベルサイユの薔薇が大好きになりましたが現実でないということも理解していました。

しかし、学生時代に目にしたウィーン舞踏会に衝撃を受け今まで夢のお話だと思っていたことが現実世界にあるのだと感じたのです。

ですが、現実は甘くはなく学生を卒業してからは銀行員となって普通の生活を送っていました。

そのまま、銀行員としての生活を送っていましたがやはり舞踏会の道への夢はあきらめることができずある日自らの足だけで調べ憧れのウィーンへ飛び立ったのです。

それからは、舞踏会の踊りを学び小さな頃からの夢であったオペラ座舞踏会へ初めて参加することができたのです。

このように、クローネマキコは決して夢をあきらめることなく自分が好きな道を現在は職業にまでしてしまいました。

現在では、ウィーンにも友人ができ踊る場だけではなくたくさんの意味での社交をすることができています。

そして、どんな方でも舞踏会へ参加することができるよう日本・オーストリア文化交流会~クライネ・クローネを通じて参加への後押しをしています。

このようなことは、誰でもできることではなく本当に舞踏会という世界に魅せられてしまったクローネマキコだからこそできることではないでしょうか。

最後にクローネマキコの舞踏会の動画を紹介

最後にクローネマキコの舞踏会の動画を紹介したいと思います。

忙しそうながらも楽しそうに踊っていますね。

こういうのが若さの秘訣なのかもしれません。

スポンサーリンク