日本代表FWの本田圭佑選手の移籍について、自身のInstagramとTwitterで発表がありました。

移籍先は、メキシコの名門「パチューカ」です。

 

本田選手は、今まではACミランと契約していましたが、6月30日に満了となりました。

そこからしばらく無所属の本田選手でしたが、先日移籍先が決定したとのご報告でした。

今回は、そんな本田選手についてと移籍先のパチューカについて見ていきましょう。

スポンサーリンク

本田圭佑のプロフィール

本名 本田圭佑(ほんだ けいすけ)
出身地 大阪府摂津市
血液型 AB型
職業 サッカー選手
身長 182cm
体重 74kg

見た目もイケメンでスポーツも出来て背が高い。

パーフェクトかよ!!!!とツッコミたくなるような方ですよね。笑

そんな本田選手について詳しくみていきましょう。

本田選手がサッカーを始めたきっかけは?

サッカーを始めたきっかけは、小さいことに父親にワールドカップのビデオを見せられたこと。

そのときのペレのプレーを見て、「カッコイイ」「やってみたい」と思いサッカーを始めました。

そして、小学2年生の頃に地元の摂津FCに入団しサッカーに挑戦してきました。

 

その後、ガンバ大阪ジュニアユースに所属しましたが、スタミナやスピードに難あり。

そのため、ユースチームへ昇格ができませんでした。

 

その後、地元を離れ石川県の星稜高校へ進学し、サッカーを続けました。

1年時には、高円宮杯全日本ユース選手権で準優勝。

3年時には、第83回全国高等学校サッカー選手権大会に出場して初のベスト4。

こんな輝かしい経歴を手にしました。

本田圭佑選手の奥さん

ちなみに、本田選手の奥さんとの出会いは星稜高校時代なのです。

それは同じ高校だったのではなく、なんと対戦高校のマネージャーさんでした。

 

対戦高校のマネージャーさんに一目惚れした本田選手は、対戦相手に勝利したあと

相手ベンチまで行き、「付き合って欲しい」とその場で告白をしたそう。

そして、今では本田選手を支える素敵なお嫁さんになっています。

こちらが本田選手の奥さん。

かなりの美人さんですね!

ACミラン時代の本田選手について

2013年12月11日に、イタリアセリアA・ACミランの移籍が発表されました。

背番号は自らが望んだ「10番」

そこから2014年1月16日、初の先発出場となり、ACミラン移籍後の初得点を決めました。

 

しかし、その後左足首を捻挫してしまい、約2週間チームを離脱することとなりました。

また、インテル所属の長友祐都との注目のミラノダービーでは出場機会はなく1年目を終えました。

 

そして最近では、2017年5月21日にボローニャFC戦で今季初得点となる直接FKを決めました。

この決定打はミランサポーターの選ぶベストゴールにも選ばれるほどになりました。

そして試合後、自身のTwitterを開設し、今季回切りで退団を表明しました。

2017年7月14日、メキシコ・1部リーグのCFパチューカへの移籍を発表しました。

スポンサーリンク

移籍先メキシコパチューカってどんなとこ?

CFパチューカはメキシコ中央部に位置する1901年創立の名門チームです。

メキシコ最古のクラブチームだそう。

上の写真はパチューカの街です。アートのような綺麗な虹色ですね。

パチューカの戦績

CFパチューカは、2000年以降に最も成功をおさめているチームのひとつです。

5度のプリメーラ・ディビシオン優勝

4度のCONCACAFチャンピオンズリーグ優勝

1度のスーパーリーガ優勝

1度のコパ・スダメリカーナ優勝

本田選手の移籍の年俸

400万ドル(日本円:4億5000万円)

まとめ

本田圭佑選手は3年半もACミランに所属していたのでその印象がかなり強かったと思います。

ちなみに、ACミラン時の年俸は550万ユーロ(日本円:7億円)でした。

 

今回のCFパチューカも日本サッカー選手会ではトップクラスの年俸の高さです。

今後も、メキシコの名門であるCFパチューカで活躍する本田選手を心から応援します。

最後に、本田選手の名言を伝えて終わりにしたいと思います。

 

本田圭佑名言

リスクのない人生なんて、逆にリスクだ。

僕の人生なんてリスクそのものなんで。

 

- 本田圭佑 -

スポンサーリンク