浅田斉吾さんは、日本で有名なプロダーツプレイヤーです。

ダーツというとあまり馴染みがない方も多いかもしれませんが、やってみると面白いんですよね!

もちろん、プロからすると相手になりませんが、初心者同士でもそこまで差がつかないのでオススメです!

 

今回は私も勧めるダーツの、プロプレイヤーである浅田斉吾さんのwiki風プロフィール経歴をご紹介します!

また、ダーツプロの年収から浅田斉吾さんの年収を予想してみます!!

スポンサーリンク

浅田斉吾のプロフィール

名前       浅田斉吾

読み       あさだせいご

生年月日     1980年3月6日

出身地      大阪府

身長       185cm

体重       94kg

職業       プロダーツプレイヤー

利き腕      右

ダーツ歴     11年

 

浅田斉吾さんは、日本でもトップレベルに有名なダーツプレイヤーです。

twitterのフォロワー数は約7000人もおり、大人気な方なんです!

そんな浅田さんですが、実は高校時代はラグビー部に所属していたようです。

 

元々はラグビーをやられていたんですね!

ダーツとラグビーってイメージがかなり違いますが・・・。(笑)

 

高校卒業後、外国車販売の会社で社会人として働いていました

その後、整骨院の専門学校に通うようになり、最終学年のときにダーツと出会ったようです。

 

ダーツと出会ったの、思ったよりも遅いんですね!

プロの方って小さい頃からその道を進んで行く方が多いにも関わらず、社会人になってから才能を開花させるなんてさすがです!!

 

こちらが浅田斉吾さんのダーツの投げるフォームの動画です。

真ん中に刺さりすぎー!!(笑)

スローモーションになったりする動画なので、フォームが気になる方はぜひ参考にしてみてください!

浅田斉吾さんの経歴や戦績は?

浅田斉吾さんは、社会人経験を通してからダーツを始めたため、現在のダーツ歴は11年です。(2017年9月時点)

しかし、それにも関わらず数多くの大会で優勝を経験しています。

そんな浅田斉吾さんの凄まじい経歴と戦績を見ていきましょう!!

 

2012年

JSFD JAPAN OPEN 優勝

 

2013年

PERFECT 第12戦 横浜 優勝

PERFECT 第16戦 石川 優勝

PERFECT 第20戦 岐阜 優勝

 

2014年

WDFラスベガスオープン クリケットダブルス 優勝

PERFECT 第6戦 横浜 優勝

 

2015年

PERFECT年間ランキング第1位

 

2016年

PERFECT年間ランキング第1位

 

 

この圧倒的な戦績が浅田斉吾さんの強さを物語っていますよね。

ちなみに、PERFECT年間ランキング第1位の賞金は5,000,000円だそうです。

いち・・じゅう・・ひゃく・・・500万円!!!!(笑)

 

浅田斉吾さんの2年連続の年間ランキング1位は、他のプロダーツプレイヤーからすると脅威ですよね。

ちなみに、今年の年間ランキングも現在、浅田斉吾さんが1位のようです。

もしかしたら3年連続年間ランキング1位いくんじゃないでしょうか・・・?(笑)

スポンサーリンク

浅田斉吾さんの強さの秘密

経歴、戦績からも分かるように浅田斉吾さんのダーツの強さは群を抜いています。

何故、こんなにも浅田斉吾さんは強いのでしょうか。

ネットの情報や私個人の意見を入れて予想してみたいと思います!!

1.努力家で勤勉

浅田さんは専門学校の最終学年のときにダーツに出会いました。

そこでダーツに触れ、プロを目指したいと思った浅田さんですが、整体師の国家試験も間近に迫っていました。

 

ダーツのプロになりたいと考えてから、浅田さんは毎日10時間もダーツを投げていましたが、国家試験の直前には、ダーツの時間を5時間に減らし、勉学にも励みました。

そして、見事に国家資格に合格し、それから再度本格的にダーツを始めました。

 

国家資格も投げ出さず、やりきる姿勢が浅田さんの勤勉な性格でダーツの強さにも繋がっているんだと思います。

高校時代にやっていたラグビーで鍛えていた根性と諦めない心を持っていたのかもしれません。

 

2.兄の浅田剛司さんへの競争心

浅田さんには、7つ上の浅田剛司さんという方がいます。

浅田剛司さんは早い内からダーツを始めており、浅田斉吾さんの競争心に火をつけました。

 

また、浅田剛司さんは、浅田斉吾さんにとって怖い存在だったようで「お兄さんの名誉を傷つけないようにしなくちゃ。」と兄のために、そして自分のためにダーツの練習を繰り返しました。

そして、いつしか「兄に絶対勝ってやる!」と考えるようになり、ダーツの腕を磨いたようです。

 

その結果、PERFECT初年度の07年富山で見事、浅田剛司さんに勝利。

お兄さん超えを果たしました。

 

こういった、努力家なところや負けず嫌いな所が浅田さんの強さの秘訣なんではないでしょうか。

浅田斉吾さんの年収はいくら?

プロダーツプレイヤーでありながらテレビにも多く出演する浅田斉吾さんですが、年収はいくらくらいになるのでしょうか?

プロダーツプレイヤーの平均年収ですが、やはりピンキリらしく約50万〜2000万のようです。

 

浅田斉吾さんは、数多くの大会で結果を出し、さらにはテレビなどのメディアで活躍していると考えると、2000万近くの可能性が高いと思われます!!

少なくとも1500万円にはなるのではないでしょうか?

※2017年9月20日放送『ナカイの窓』で年収4000万円と発表していました!

ダーツプレイヤーは上位5位に入るととんでもなく稼げるらしいですね。

想像の倍の年収でした・・・。(笑)

 

さらに、浅田斉吾さんは実はバーも経営しているので、それを合わせると年収は5千万〜6千万円になると予想されます!

いやー、1000万円の壁をゆうゆうに超えてますね。凄い!!!(笑)

まとめ

日本にも数多くいるプロダーツプレイヤーの中でも群を抜いて圧倒的な強さを誇る浅田斉吾さん。

ここまで才能を開花させる職業に出会えたのは運命だと思います!

 

ただ、浅田さんは才能もあるかもしれませんが、「毎日10時間も寝る時間を忘れてダーツを投げていました!」と語っています。

私も、才能がないから、と逃げずに浅田さんを見習って努力する姿勢を持って、何事にも取り組んでいきたいと思います。

浅田さんには、これからもダーツとバーの経営をどちらも頑張って成功し続けて欲しいですね。

 

関連記事

木原直哉(プロポーカー)のwikiプロフィール!世界大会の賞金額はいくら?

森田真結子(まよんぬ)が可愛い!彼氏はいる?ダーツのレーティングも!

 

スポンサーリンク