木原直也さんは、世界中で活躍をしている日本のプロポーカープレイヤーです。

ポーカーにプロがいるなんてイメージがつきませんでした。

「ポーカーと言えばカジノ、カジノと言えばラスベガス」といったようにポーカーは海外のイメージが強いですよね。

 

しかし、木原直也さんはれっきとした日本のプロポーカープレイヤーなのです。

今回は、そんなプロポーカープレイヤーの木原直也さんのwiki風プロフィールと、世界大会の優勝賞金額はいくらかを調べましたのでご紹介します!!

スポンサーリンク

木原直也のプロフィール

本名      木原直哉

読み      きはらなおや

生年月日    1981年7月23日

出身地     北海道名寄市

出身大学    東京大学理学部地球惑星物理学科

職業      プロポーカープレイヤー

 

木原直也さんは、日本の首位大学である東京大学を卒業されています。

東京大学在学中は将棋部に所属しており、バックギャモンの活動をしていました。

「バックギャモンってなんじゃ?」という声が聞こえてくるので、後ほど簡単に説明します。(笑)

 

現在はポーカーだけでなくテレビといったメディアの進出や、他にも本を出版したりと様々な活躍を見せています。

また、木原さんは元々小さい頃から計算が得意で数字は大好きだったようです。

典型的な理系タイプだったんですね!!

しかも、大学では思考力を使う将棋をやっていたので、頭は常に鍛えられていたのでしょう。

 

ちなみに、実は東大は10年かけて卒業をしたようで、留年3回の休学3年間もしていたようです。

そして、そこから卒業して就職すると思いきや、就職はせずにポーカーで食べて行く道を選んだそうです。

木原直也さんの経歴

では、東大を卒業して就職をせずにプロポーカープレイヤーになった木原さんは、一体どんな結果を出しているのでしょうか!

 

2011年の東大を卒業した年では、世界ポーカー選手権で653位という「やってもうた、就職すれば良かった・・。」という結果に。(笑)

しかし、2012年のラスベガスで行われた世界ポーカー選手権では、日本人初優勝となり、賞金5000万円を獲得したそうです。

 

また、2014年度には9000万円を稼ぐことに成功しました。

そしてその後、2015年度と2016年度には、1億円以上を稼ぎ、プロポーカープレイヤーとしての成功を獲得したようです。

 

しかし、収益だけ見てみると大成功のようですが、ポーカーはギャンブルです。

当然、合計でマイナスになってしまう時期もあるそうです。

そんな2013年度の収益は-500万だったそうです。

 

やはり、これだけ稼ぐには相当の覚悟と実力が必要のようですね。

私がやったら速攻で地下帝国に送らされそうな気がします。(笑)

スポンサーリンク

木原直哉さんが東大時代に活動したバックギャモンとは?

バックギャモンとは、2人で遊ぶボードゲームで「相手より先に自分の15個のコマをゴールさせた方が勝利」となるスゴロクのようなゲームです。

 

ボードの見た目はこんな感じです。

まさにボードゲームって感じですよね。(笑)

ちなみに、バックギャモンは世界最古のボードゲームでもあるそうです。

 

進め方は、お互いにサイコロを振り、大きい目を出したほうが先攻になります。

その後、交互にサイコロを2つずつ振ってコマを進めていきます。

そして、全てのコマを先にゴールさせた方の勝利となります。

 

簡単に説明すると、ただのシンプルなスゴロクのように感じますが、ルールがいくつかあるようで、極めるとなかなか奥が深そうです。

 

ちょっとでも興味がある方は、こちらの動画から学んでみてください!!

初めて聞いた方が多いと思いますが、ハマる方はハマるようです。(笑)

木原さんがきっかけで、もっとバックギャモンが流行ってくれると良いですね。

まとめ

東京大学を卒業した木原直哉さん。

東京大学を卒業すれば、就職の入り口も多く、将来安泰と言われる所をわざわざ不安定なポーカーという職業を選んだ破天荒な方でしたね!

 

しかし、どんな職業でもやりがいさえあれば、安定や収入を凌駕します!!

木原さんがきっかけで、本当にバックギャモンが流行るといいなと思います。

木原さん、これからもポーカーもメディア出演も頑張ってください!

 

関連記事

伊能恵子(キャディー)のwikiプロフィール!身長や年齡は?結婚して旦那はいる?

カイジの鉄骨渡りを体験できる!?カイジVRとは!

 

スポンサーリンク