お笑いコンビ2700が改名をしたことを28日に、所属のよしもとクリエイティブ・エージェンシーが発表しました。

2700は「右ひじ左ひじ交互に見て〜♪」といったリズムネタで有名になりました。

何故、2700は改名をしたのでしょうか?また、2700の有名なネタも見ていきましょう!

スポンサーリンク

2700ことザツネハッチャンとは

写真(左)

本名      八十島 宏行

読み      やそしまひろゆき

生年月日    1984年3月22日

出身地     山口県下関市

血液型     O型

担当      ツッコミ(漫才ではボケ担当)

 

写真(右)

本名      常道 裕史

読み      つねみち ひろし

生年月日    1982年10月15日

出身地     大阪府和泉市

血液型     B型

担当      ボケ(漫才ではツッコミ担当)

 

「右ひじ左ひじ交互に見て〜♪」というリズムネタで有名になった元2700は、2008年にコンビを結成しました。わかりづらい!(笑)

旧コンビ名の「2700」はバイト先で運ぶ鉄骨の長さが2700mmだったことが由来でした。

2008年の「キングオブコント」で結成わずか8か月の無名ながら決勝進出したものの、決勝では327/500点を叩き出し、歴代最低点とされています。(笑)

また常道さんに関しては、2015年のR-1グランプリで3回戦進出を果たしすという結果を残しています。

ザツネハッチャンに改名した理由は?

実は、ザツネハッチャンに改名したことは、8月14日に自身のツイッターで発表していたそうです。

しかし2人が所属する、よしもとクリエイティブ・エージェンシーは28日に発表したということですね!

では何故、今回2700からザツネハッチャンに改名したのでしょうか!

 

八十島さんは、「有名な占い師さんにコンビ名を見ていただいたところ、2700という名前では、売れるのが50年後だと言われました。50年後の私は、おそらくあの世です。死後に評価されても仕方ないということで、改名を決意しました。占いは信じるタイプではないのですが、仕事の状況的に、わらをもすがる思いがゆえの決断でした」とコメントしました。

50年後に売れる理由が逆に知りたいですけどね。(笑)

まぁ、占い師の人に言われたらしょうがない、変えるしか無いですよね。(笑)

というわけで、改名した理由は占い師さんからのアドバイスだったようです。

スポンサーリンク

2700改めザツネハッチャンのネタ

ザツネハッチャンになって、お互いの衣装も変わり、常道さんはよりハードになるとのことなのでこれからのネタが楽しみですね。笑

では2700だったときは今までどういうネタをやっていたのでしょうか。

見ていきましょう。

右ひじ左ひじ交互に見て

これは2700のときの鉄板ネタですね。

近所の子供が歩きながら歌ってのを思い出します。(笑)

 

このダンスをする

個人的にはこっちが好みです!

脳内再生されて寝る前に目をつぶると常道さんの顔が浮かんできそうです。(笑)

まさに芸人の芸って感じですよね!

まとめ

今回の改名は占い師の結果を素直に受け止めたからだったんですね。

元々、面白い2700さんでしたがザツネハッチャンに改名してから結果はどうなるのか!!

これからテレビを盛り上げるザツネハッチャンに期待します!!

 

関連記事

南キャン山里亮太が仲良しな人気俳優Hこと東出昌大&杏夫婦!きっかけはYOU?

 

スポンサーリンク