ロンドン世界陸上で世界陸上400mリレーが8月12日に開催されました。

日本は予選第1組に出場し、38秒21という記録で第3位となり決勝に進出しました!

おめでとうございます!!!!!

スポンサーリンク

世界陸上400mリレー走者順

【第1走者】多田修平選手(21)

【第2走者】飯塚翔太選手(26)

【第3走者】桐生祥秀選手(21)

【アンカー】ケンブリッジ飛鳥選手(24)

 

100m準決勝、200m決勝に出場したサニブラウン・ハキーム選手(18)は、足に痛みがあったため、出場を辞退したそうです。

また、ロケットスタートが自慢の多田修平選手は「スタートが良くなかった」と話しました。

さらに、この種目のみ出場の桐生は「僕だけまっさらなんで、まだ元気ですね」と笑顔で話したそうです。

スタートが調子悪かったと多田修平選手は言っていますが、これだけの結果を出せるのはとても凄いですよね!

決勝はさらに上を目指して走りを完成してもらいたいです!!

400mリレー決勝について

決勝は日本時間8月13日の午前5時50分に行われます。

あとは決勝にそなえて身体を休めて悔いのないように走りきってほしいですね。

スタートだけではなく、リレーはバトンの渡し方が特に重要になってくるので、全員集中して決勝に臨んで欲しいと思います。

リレー走者の皆さんがいつも通りの走りができればメダル獲得は夢ではありません!!

コンディションを整えて明日の決勝に備えてください!!!!

決勝進出、本当におめでとうございます!!!!!!!

 

【世界陸上】男子400Mリレー決勝!日本3位で初の銅メダル獲得!ボルトは棄権!?

400m決勝の結果はこちら!!

スポンサーリンク